スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは遊べるよ!『SONY α55』

DSC00084.jpg

なんとα55を購入してしまいました。経緯ですが、

D7000を店頭で触る
    ↓
あれ、なんかしっくりこないな
    ↓
じゃあとりあえずD3100かな
    ↓
どこも在庫置いてない、しかもUSBケーブル非付属とか色々ケチくさい
    ↓
某店にてふと横を見る、α55のダブルズームが
D3100のそれと同価格である事に気付く
    ↓
これ在庫ありますか!?

…という。勢いというのは怖いものです。
という事で本日は不慣れな作例とファーストインプレッションをば。
枚数多めになりますので以降は追記欄にて!

続きを読む

遅い告知と誘導!

こちらではお久しぶりです、塚越です!
書くのをすっかり忘れておったのですが、
こちらNanosizeMirのブログ上にて僕とるなちの雑記及びナノについての記述を統合することになりました、もといなってました!

んでもって以後の当ブログなのですが、多分完全なフォトブログと化すと思います。
よろしくっす!

…とは云え現在当方の愛機D200は故障中。
諸々ガタっておりましたのでオーバーホールが必要な時期なのですが、既にもう2世代程前のモデルという事で買い換えを検討しておったりします。ついてはワンサイズ落として気軽に持ち歩こうという事で第一候補はD7000。ですが、なにせ発売が来月末ですから実機に触れる事が出来るのは当分先なのですよね。前評判やスペックを見る限り鉄板っぽい印象は受けているのですが、発売からまもなく価格は叩かれていくでしょうからその辺りも含め購入には慎重になりたいところです。

D90の後継機にしてファインダー視野率100パー、倍率0.94倍というのは本当に有難いですよね。まあそうでもしないともう、ニコンというネームバリューだけでは競合他社と市場で渡り合っていくのは厳しいのかもしれません。僕もソニーのα55等の新鋭機種はとても気になりますし、Fマウントのレンズ資産を捨ててでも他社に流れるだけの魅力があるのならばいっそ…と、D7000発表前は考えておったりしました。EVFにさほど強い抵抗があるわけでもないですし!

比較的最近撮ったやつをば。
YTD_0800.jpg
熱夏の台風」のひまわりのでっかい版。

YTD_0489_20100925235826.jpg
いつだったかゴージャスだった朝焼け。

YTD_0571.jpg
夏の大雨後ものすごい勢いで放流してた近場のダム。

YTD_0491_20100925235846.jpg
前述のダムより少し上流の川の霧。

全てD200+D200+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II にて。かな?
んではまたっ。

作業が全然はかどらないので善光寺にいってきた

全くタイトル通りの理由で、昼間ぶらりと長野の善光寺へ。
おいそりゃどんなお寺だよという事でいちおwikiへのリンクをば

ついでに最近使っていなかったMFの50mm単焦点を用い、
本堂やらその近辺の街並をカシャカシャとスナップ。
場所的には、
1.jpg
地図最下部にあるのは新幹線もそこそこにはとまるのかもしれないJR長野駅でして、
そこから上部の善光寺に至るこの間は所謂長野市街というヤツで、
長野基準で云えば発展しているともされるわけなんですがその実、
都内郊外の発展度に及ぶかな?いややっぱ及ばないよな程度の実力。

地図上「南千歳公園」から、左側のルートを経て善光寺で折り返し、
右側のルートで戻って来る、という素朴な散歩。

これじゃ細かくて判り辛いよという方の為に、
もう若干大雑把な地図も用意しました。
2.jpg
つまりこういうことですね!


例によって写真をば。
今回は枚数多いですがご容赦!

YTD_0182.jpg
南千歳公園。愛称は「ぽっぽ公園」。
特になんてことはない小さな公園ですが、とても愛され親しまれています。他に公園がないので!w

YTD_0026.jpg
その近辺。なんとなく味のある一枚かなと。

YTD_0033.jpg
一直線に善光寺へと向かう、「中央通り」に至る小道にて。カレー屋「山小屋」さんです。
市内及びその近郊に、「納豆カレー」の存在を広めたお店(多分)。勿論それ以外にもメニューは豊富にあり、どれも美味しいです。尚且つ、例えば仕事休みなどにここでカレーを食べると十中八九匂いでバレます。

YTD_0042.jpg
中央通り沿いのショッピングビル「again」。コムサの看板が目立ちますが、それ以外のテナントはどちらかというとセレクトショップが多め。あとダイソーと、あとそうだ、最上階にはライブハウスがあります。
放課後の学生さんやカップルが、暇を持て余した果てに辿り着く場所のひとつが云わばここ。地方の市街って必ずそういう場所ありますでしょ!w

YTD_0064.jpg
そして一路善光寺へ。この辺はいつの季節も綺麗にデコレーションされています。イベント時なんかは特に。

YTD_0081.jpg
間もなく「善光寺表参道」と呼ばれる一画へ。大きなお寺の近郊というだけあり、それっぽい観光娯楽施設が幾つか。これは「北野文芸座」、能や歌舞伎を観る事が出来ます。

YTD_0083.jpg
更に進むと、雰囲気的にもよりそれらしく。そして電話ボックスが健在。

YTD_0098.jpg
この辺りの建物は、新設でもとにかく蔵づくり的な感じにしようという暗黙の了解的なものがあるのかもしれません。ちなみにこれは郵便局。この他、信用金庫や地方銀行等の建物もしっかりとそれっぽく造られており、これらに対し現地民は愛着を込め、「わざとらしいよね」という突っ込みを飛ばします。

YTD_0091.jpg
「ぱてぃお大門」。これも一種の娯楽施設です。軽食店等を集め、塀で囲っています。当然中のお店も全て蔵づくり。今日は独りにつき用事もないのですが、

YTD_0092.jpg
とりあえず覗くだけ覗いてみました。平日ではあるにせよ、なんかやっぱちょっとここ廃れてきちゃってるかもしれません…お豆腐オンリーのカフェですとかなかなか魅力的なお店も入っているのですが。やはりここはラーメンでしょうか、強力なラーメン店を誘致すべきでしょう。

YTD_0100_20100529010720.jpg
そしていよいよ善光寺へ。先ず最初の門が見えます。風情がありますね…なんか工事してるトラックが少し残念な気もしますが、しかしこういう場所の維持っていうのも大変なんでしょうね。

YTD_0114.jpg
次いで「仁王門」です。写真では影で見えませんが、この門の左手に阿形、右手に吽形のお仁王様が立っています。左右一対で始まりと終わり、或いは陰陽を現すといいます。表情といい、肉付きといい素晴らしい彫刻なのですが、今日はレンズの縛りがあったので撮りませんでした。

YTD_0125.jpg
先には次の「山門」が見えますが、この間には写真の通りお店が多く立ち並びます。土産店、軽食店、それに酒屋等。

YTD_0128.jpg
余談ですが長野名物の食品「おやき」、この一画でも勢いよく売っています。こういった地方独特の食品は2種に大別出来ると考えます。主には観光客をターゲットに維持生産され現地民は普段あまり口にしないものか、或いは逆に観光客からの知名度問わず現地民に長く親しまれるものか。おやきは云わば後者で、長野出身、取り分け北信出身の方の多くはこのおやきに馴染みを持っています。ただ地方やお店によって有り方は若干異なり、「あれ派」「これ派」と意見が別れるところ。

YTD_0139.jpg
山門を経て本堂へ。

YTD_0141_20100601015359.jpg
そして本堂。644年に創建され、以来幾度となく焼失の憂き目をみるも1707年の最後の再建以降、長くかつ無事にこのの形を保っているとの事。長寿さんですな~

YTD_0157.jpg
煙を浴びたところがよくなる…というやつですな。

YTD_0161.jpg
六地蔵。実は山門よりも手前にあります。地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天ので六地蔵。人々を救うための六人衆でして、云わばなんとかレンジャー的な感じですかねい。ちなみに一番手前のお地蔵さん、ちゃんとあぐらかいてないのわかります?これって有事の際にすぐ人を助けにいく為だとかで。切り込み隊長ですな。

YTD_0147.jpg
本堂周辺には茶屋もあります。こういうとこで甘酒飲んだりするのって結構おいしいのよ!

YTD_0152.jpg
「鐘楼」。長野市における除夜の鐘の主人公。あと長野オリンピックの開会を告げた鐘でもあります。ゴォーーーン。

YTD_0148.jpg
ごくろうさまです!w さてうちもかえろっと。

YTD_0166.jpg
帰りは前述の地図のルートを通り、「権堂」という街のアーケードへ。ここも微妙に廃れてたりしますが、まあその辺りがいかにも長野っぽくて心地良かったりもするんです!

YTD_0167.jpg
そんなアーケード中、カラオケ屋を発見。前ここはゲーセンだったんですが、確かにあの敷地を丸々とカバー出来るテナントって限られますものね。しかしこの「まねきねこ」、チェーンかと思いつつ見たことがない…と思ったらなるほど、都内には3店舗しかない様子。地方中心に展開しているのでしょうか。

YTD_0176.jpg
帰り途中、野良猫発見!びじんさんだねぇ~(けいおんの唯ちゃん風)

YTD_0179.jpg
常にカメラ目線。モデル気質だなあw

YTD_0016.jpg
そしてラストにはやはり「らーめんなう!」これはラーメン店「将人」の『白湯(ばいたん)らーめん』。ここのラーメンは通常のそれとは異なる独自のまろやかさがウリなのですが、この白湯らーめんはまさにそれを突き詰めた感じの一杯。媚びのない、しかし口当たりの優しい、昨今県内で顕著なラーメンブームからは少し距離を取る、若いながらにも職人気質なマスターの人柄がとてもよく出ています。おいしかったですぜい!

以上!
全てD200+Ai AF Nikkor 50mm f/1.4Dにて。

購入者対象アンケート&ボーナストラック その他

ピコの「虹色ジェットコースター」の方、特設ページに購入者対象のアンケートを設置しました。
回答後にはボーナストラックとそれの歌詞がzipでDL出来る様な形になっているのですが、今回はオマケトラックという感じではなく、これ用にフルサイズの楽曲を仕上げています。

曲はちょっとオサレな感じw るなちがとても良く歌えていると思います。
虹ジェット及びその他を経て、また一皮剥けた印象ですねい。

ともあれ、ご購入された方はアンケートの方も是非に!


ところでM3、終わりましたね~(遅)
バタバタとしているうちにレポを書くタイミングを逃してしまいました。
しかし当日のピコスペースの写真とかは撮ってあるので、こちらでも上げておきます。
こんな感じでした↓
YTD_9977.jpg
時間を経て虹がヘタれてふにゃふにゃになっていたというのは内緒!

小ネタですが、ブラックボード下部には前回「小さなせかい」の時にもいた
ブタが描かれています、るなち画伯の手によって。
YTD_9978.jpg
ナノともピコとも関連性の見いだせなそうなコイツは一体ナニモノ…
どことなく「ブタメン」のブタに似ている様な気がしないでもないですが…

【M3 2010春】参加情報 その2

あああああ事後になってしまった…orz
今更かよ!というツッコミが飛んできそうですが、
昨日5月5日に開催された春M3合わせの企画への参加情報その2をば。

ちなみにその1はこちら

■【ウインドシア/WhiteFlame】
ウインドシア/WhiteFlame

全3曲のミニアルバム、編曲で参加。作詩曲は勿論「WhiteFlame」のしゃなさん、ボーカルはめらみぽっぷさん!
ゲストミュージシャンとしてtr.1に「MintJam」のa2cさんがエレキギターで、tr2&3に久次米真吾さんがアコギで参加。僕などが言うまでもなくお二人とも尋常じゃなくうまいので、アレンジする上でも実に助かる事この上ナシという…w
編曲上「弦アレンジの伴うものを」というしゃなさんご自身の希望により、全曲共弦アレンジを前面に出した音づくりになっています。

■【赤い月に捧げる祈り詩/AME】
赤い月に捧げる祈り詩/AME

ボイスドラマCDです。収録楽曲中、『祈り詩』の作編曲を担当。作詞は紅葉秋さん、ボーカルは凪佳二さん。
凪さんは以前「LAVISH」という男女ユニットにおられ、この頃に一度制作をご一緒させて戴きました。声優として人気の凪さんですが、歌い手としての力量も実に素晴らしいのです。
楽曲は退廃的な雰囲気を有すバラード。ミックス含めじっくりとやりました。

■【Sugar tale/愛原圭織】
Sugar tale/愛原圭織

ぷらいむまりぃの愛原圭織さん、今回はソロでのアルバムリリース。tr9「NeverEnding」の作編曲を担当。作詞は未羽さん。
多分この春中最も歌うのが難しい曲だったかと思うのですが、そこは流石かおりんさん!素敵に歌い上げて下さいました。感謝!尚且つ作詞泣かせな曲であったという事も特記すべきだと思う…未羽さん本当にありがとうございましたっ!w 編曲上オケアレンジがででんと伴っているので、作曲面含め構築には多くの時間をかけた一曲です。

■【S*S/CN2&TEAR】
S*S/CN2&TEAR

7曲入りミニアルバム中、tr4「Sweet Stage」の作編曲を担当。作詞は蛍灯翔さん、ボーカル&コーラスはヒスイリカさん。「我がままでSな女王様と、それに振り回されまくる執事の兎達の光景をミュージカルタッチで明るめなジャズマーチで纏めています。翔さんの歌詞(これはもうむしろ脚本と云うべきか)の言葉まわしと、リカさんの完全なる一人2役によりとっても楽しい楽曲に仕上げる事が出来ました。
最後の最後、ギリギリのタイミングで制作に当たったのが当楽曲なのですが、過程では(私的な話になりますが)数年悩んだミックス上の私的な問題を解消する事が出来たかな?という自負を得る事が出来ました。次回以降生かせそう…!

以上!
その1とあわせ、(編曲のみ含め)計24曲の茨の道でしたがなんとか歩みきる事が出来ました…!
よりよい楽曲を制作すべく、今後もがんがりまっす!
RSSフィード
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。