スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブリーなテクノトラック 実践版

という事で何故だか今マイブームなので、この期を逃す手はあるまいとつくってみました(笑

なにはともあれヒット系音色なわけなんですが、手元にあるシンセの音色や素材でやったのではどうにも偽物臭い感じが否めず、どうせやるなら元からと云う事でクラシック数曲からいいとこ取ってサンプリングし、数音色作るという所から始めたわけなのですけれどもね。

これがなかなか面倒な作業でして、うちはサンプラーがソフト(HAL3)なんでハード弄るよりはまあ幾分楽だとしてもやっぱサンプラー弄るのは手間かかりますよねぇ。
しかし逆に考えればそういった手間隙こそがこういった音楽の醍醐味でもあったりもするわけですし、時折はインスントだ邪道だとさえ云われるブレイクビーツ的なトラックメイキング法にしても、素材一つ一つを吟味しつつ作る所からやればその労力たるや実際かなりのもんっす。

という事でこれがまずミックス前。
使ったシンセはドラム用にCS6R、及びベース用にXVとソフトシンセのトリロジー。声ネタは全てフリー素材、後半のボーカルのみ「るなっち」にワンフレーズ歌って貰いそれをコラージュ。その他は全てサンプリング音です。

んでこっちがミックス後。
なんか今ひとつ音の整理がつかんかったとです、こういうジャンルのミックスは難しいですよね~。

この音源はうちの個人HPのSamplesページに今度置いておきまっす。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。