スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブリーなテクノトラック

ある場所で話題になってたのですが色々懐かしかったんでyoutube使って音探し。


こいつはCUBIC22の「NIGHT IN MOTION」。ちょいバレアリックハウス的な雰囲気とハードコアな音双方を1曲内でやってみました的な雰囲気で展開性に富みます。JBの「PartyTime」というサンプルボイスが当時印象的でした。


んでこれは定番LA STYLEの「James Brown Is Dead」。幼心にはホラー映画を見る様な感じで恐怖心を刺激されたこの曲なのですが、今改めて聴くと音色的な面白さとかプログラミングの妙の方が際立って聴こえます。


んでこれは前述「JB is DEAD」のアンサーソング(のうちの一つ)、Holy Noiseの「James Brown Is Still Alive!」。この期の代表曲と呼ぶには至らずとも個人的に割と好きだったトラックです。Holy Noiseといえばロッテルダムコンピにはいってた「Nightmare」ってのが狂気的で面白いんですがyoutubeにはありませんでした、残念。


PragaKhan feat.Jade4Uの有名曲「Injected with a poison」。後々に出たリミックストラックも数種出てきたんですが音的にはこれがオリジナルかな?映像は謎っす。PragaKhanといえばいつだったかデジロック系のアルバム出したのですよね、そん中にもやはりこの曲のリミックス入ってたのですが個人的にそっちは今ひとつな感じでした。


初期prodigyの「everybody in the place」。何気に最近のprodigyにも近い雰囲気あるんですよねこの曲。と云うか色々巡った末に原点回帰してる様な気もします。


SL2の「DJs Take Control」、prodigyと同じくXLレコード産。マイナー重ねの古っぽいクラビ(なのかピアノなのか)サンプルのリフとノリに若干の「ヨレ」があるブレイクビーツがかなりいい味の印象派トラック。


2Unlimitedは「TheRealThing」。初期の2アンは聴いてて(というより観てて)流石にちょいと恥ずくなって来たので(笑)とりあえず後期のこれ(94年リリース)。今日貼ったトラックの中では最もキャッチーかな。


Cappellaの代表曲「Move On Baby」。Cappella独特のボーカルコラージュ手法が後々に与えた影響は大きそうです。

他にも紹介したいトラックは数あるのですがyoutubeには見当たりませんで。



これは番外編でSUENO LATINOの「SUENO LATINO」。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。