スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーカロイド俺様&近況

まずはコイツをば。

なんですかねこりゃ一体(笑
制作者である僕自らいかんともし難いこの「ボーカロイド俺様」、
まあ元々何かに使おうと思って作成したわけではなくむしろほんの遊び心ではあったのですがねっ。

ちなみに原曲は以前「あーちゃり」に歌ってもろた「降雪の丘」で御座います。
ちょっとアレンジしてみたりしたのですが…なにせリードVOがこれでは(笑
こんなんじゃ雪降りません(爆)降って人口雪でそー。
まあ辛うじてコーラスには若干使えたりするかもって感じなのですが、やしかし普通に歌った方がいいでしょうねこりゃ。


次に近況報告。
アコギを音屋で注文しました、ノーブランドというか三流メーカーのやっすいやつですけれどもね!
こいつで沢山練習して自曲中でも使える様になってやるのだー。

後は…いつもと変わらずの日々を過ごしております。
あ、けつがいたいんですよ!すわりっぱなもので。
友人にドーナツ型クッションを勧められましたんで、近々そいつも買ってこようかと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

隊長おひさですー。

僕に「ボーカロイド俺様」ください、ビブラートなしバージョンで(笑)

や、ワタクシもこういうことは「やはり」考えたのですが、録りの面倒さを考えると実行できずにいました。

でもコレ、確かに「歌わせよう」とすると難がありますが、SE的にワンポイントで使えば面白いですよねきっと。隊長なら上手く使いこなしそう。

でも隊長のこと、もう既に一杯アイデアあるんでしょうね…

おもしろすwww
│◎  ◎│Ψ ピガーガーになってもクマさん節は顕在だね!
ビブ( ゚Д゚)ウマーでなんだかくやしぃゎ。

すっごい!すっごいー!
おもしろいー!!!そしてすてきだー!

>けついた
くにいもさいきん自前の肉布団に張りがなくなってきたようで、
しりのほねが意識されますー(笑
クッション、どうですかねー。レビューお待ちしています☆

おはーっす!

>>yasさん

おひさーです!
しかしコレはいらないでそー(笑

>録りの面倒さ

確かにめんどいですよねぇ。
でもって(ボーカロイド含め)世に出ているコレ系のボーカルサンプル集のうち大抵は、
(フレーズもの以外で)上手く歌わせる事が難解だという事を考えると酬いの無い作業かな、とも(笑

>既に一杯アイデア

ところがどっこい、全然無かったりします(笑
唯一あれを作っておる途中に考えたのが、
最初はフレーズを僕自身の生歌で「あー」と歌い、
聴き手に気付かれぬ様だんだんとロボットボイスにしてゆくという曲(爆


>>がぶさん

>ピガーガーになっても

わはは(笑
うちの場合「ノンビブで」とよほど意識して歌わない限りは天然でビブかかっちゃうんですよ。

がぶさんはノンビブですもんねぇ、僕にとってはそれが逆にうらやましかったりするんですわ。


>>くにいさん

>すてきだー

ええっ、すてきですかーこれはっ!?(笑
個人的にはなんともきもい様な気がするんですけどもねぇ~^^;

>しりのほねが意識されます

受け身表現なんですか(笑
うちは元々痩せ型なもので節々骨っぽい突起がありますですよ。

>レビューお待ちしています

わかりましたっ!(笑

以外に声をまっすぐ出すのって難しいですよね。
オラも以前は自然にかかっちゃう派でした。
が、からおkでマーヤ(つかカンノ曲w)を歌うようになってから
意識してまっすぐ特訓したですよ。
そしたら今度はビブの仕方忘れちゃってwww
気持ちいいと勝手に出るんですけどね~。
喉ビブはコブシみたいであんまスキじゃないのでハラミ重視!
・・・でいいんすかね、クマ先生?w

> 上手く歌わせる事が難解だという事を考えると酬いの無い作業

ボーカロイドってサンプルベースなんすかね?
良くわかってないんですが…
VirSyn の CANTOR はシンセサイズですよね? や、コレも良くわかってない(笑)

いずれにせよ、サンプルベースで語彙やニュアンスをカバーするのは無理っすよね、膨大なサンプルが必要ですもんね。

まー人間の声って単純に聴こえて複雑ですよね
「うー」とか歌っても、微妙に音質が変化していてループポイント探すの苦労するし。

> 聴き手に気付かれぬ様だんだんとロボットボイスにしてゆく

あ! コレ面白いじゃないですか。
楽しみにしてまーす(笑)

ところで隊長、ここの VST/ VSTi 使ったことありますか
www.amvst.com/index.php?name=Downloads

UI が良さげですよね、もしなければレビューお願いします、レジスト必要なのかな?
僕は当然、使えないんで、そこらへん詳細読んでないですが(笑)

たまたま覗いたら

何やってんですかぃwww

というか、隊長の声をギガサンプラに詰め込んで見るというのも面白いかな~とかふと思ってしまいました。

Kontakt俺様ライブラリとか。

おはーです!

また一週間はじまっちゃいましたねぇー。

>>がぶさん

いーと思いますよ!

がぶさんご自身の声質と「好き嫌い」をよく把握&研究して、
なるだけそれを活かす&近づける方向に、云ってみれば「ポジティブ」なスタンスで歌の練習をしてゆくのが宜しいのではないかなと。


>>yasさん

>ボーカロイドってサンプルベースなんすかね?

僕も恐縮ながら詳しくは存じませんが、
サンプルベースと物理モデリング双方を伴わせたシンセなのではないでしょうかね。
ヤマハといえばアコースティック楽器の物理モデル「VA」というのがありますが、
あれで培った技術の応用を、サンプルベースとの抱き合わせでやってるんじゃないかなぁと。

>CANTOR

コレも使った事が無いので詳しくは判りませんが、確かこいつは「サンプル非使用」を謳ってましたよね。
それならば物理モデルと考えて間違い無いんじゃないですかねぇ~。

>複雑ですよね

なにせ発音が伴ってしまいますし、
あと他の楽器みたく「奏法」によって音をきっちり分化出来るものでも無いですからねぇ。
機械(とりわけ人工知能とか)の発達論に「曖昧さをわざともたせて云々…」的な記述を見ますが、
シンセで云ったらばボーカルはある種その極地なのかなぁと考えますん。

>レビュー

了解~。ここのは初見ですが興味あるので近々触ってみますよ!


>>MCIさん

>何やってんですかぃ

僕は一体何をやってるのでしょう、自らでも判りません(爆

>ギガサン

ギガサンといえばキースイッチ(笑
キー一つで瞬時に声が裏声に切り変わるとか、或いはシャウトに切り変わるとかなんてどうでしょ…いや、やりませんけどねっ!

ちなみにその「キースイッチ」機能ってハリオンも対応してるので結構重宝してたりするんですよ。
RSSフィード
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。