スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤の軌跡」について

たまにゃ自分の曲についてここに書いてみるのも良いかなと。
ってか音楽サイトにくっついてるはずのブログなのに音楽ネタ少な過ぎですしね~。

先日プレ王で公開されましたこの曲なのですけれどもね
最初は全く別の曲でして、んでもって作詞者である和泉サンもそれに合わせて書いてくれてたんですよ。
なのですが「この(メロの)出足ってflowedに似てね?」という、
僕の無責任な一言でボツに(笑
それがもう半年程前の事でしょか。

ところがここにきて、改めて当時頂いた歌詞を見てみますと、
何気の無い一言一句が今僕に欠けているモノを内包しているなぁと感じるに至り。
「脱力感」或いは「空気感」とか、そんなモノでしょかね。
んでもって(多分)意識せずともそれらを自然に出すことが出来てるその歌詞がとても羨ましくなりました。

話は飛びますが先日、
ある方のすごくこう穏やかな楽曲を拝聴、心打たれました。
そしてその楽曲に対し、またある方は「自然にこういった風景を醸し出せるのには憧れる」とコメント(引用すんませんっす)。
同感だなぁとただただ思いました次第。

話は戻ります。
僕はサイト名に「Groovebox」という名を冠しており、
故に楽曲中にダンサブルな要素を潜ませようとは今でも常々考えているのですが。
しかしリズム隊への比重は若干強めても、
例えば「空気感」を損わぬ音づくりというのも出来ると思うのです。
実際そういう楽曲は多々知っていますしね。

サブタイトル「あかいやつ」と名付けられた歌詞の内容に歩み寄って、
「自分らしさを模索」とは紹介文に書きましたが同時に模索したのは「自分らしく無さ」でもあり(笑
結果的に僕が制作当初抱いた漠然とした全体像は見事に曖昧化し、
今自ら聴くとどこか地に足がつかぬ様な「不安定さ」を感じます。
色々考えた挙句今の僕に出せたのはこれのみ、という事でしょうかね~。

そんな一曲でありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。