スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GTR2交流戦

今回はGTR2のお話オンリー。
毎度お世話になっておりますレースゲサイトさんにて、
昨晩は韓国人の方々との交流戦に参加して参りました。

コースは2004年レイアウトの「スパフランコルシャン」、
予選30分、ウォームアップ2分、決勝24分。
マシンのクラスはGT&NGT混在、GTクラスの場合1ピット必須でしたがNGTですとノーピットで引っ張れるかもというメリット有。

僕はサリーンS7Rで参戦、予選結果は2位。
しかし1位の方とはなんと2秒差以上!これは果てしなく大きいのです。

以下決勝の模様。
20061022134041.jpg


1.うっかりスタートで前に出てしまうもバトルは無謀だと判断、
  若干減速して首位を譲ります。
2.しかしその時の減速が原因となり後続の方々に影響。反省…orz
3.一応追走を試みてはみるもやはり速い、差は広がる一方。
4.余裕をみて若干早めにピットイン、4位まで転落。
5.アウトラップ、往年のライバル「Pさん」と対峙。彼は今回NGTでの出場、
  合図と共に先を譲って下さいました。本人曰く「チーム戦略ですw」
6.その後2位まで再び浮上、無事チェッカー。


以上、とてもフェアで楽しいレースで御座いました。
主催者様及び参加者の皆様方、お疲れ様でした!


さて、そんなノリで前述のレースでは「チーム戦略」が働いたわけなのですけれどもね(笑
ところがその後の二次会プチレースでは…。

プチレースの舞台はカタロニアサーキットのショートトラック。
マシンはポルシェGT3-RSワンメイク、予選無し、決勝10laps。
手早く終わるレースなのでこれを4回程。

フリーセッション時宇宙人レベルの速さを誇った「Pさん」、
しかし決勝では若干不安定。4回中全てに及んで激しく首位争い!
3回目までは運良く勝っていた僕なのですが、
ラスト4回目では圧倒的な速さを前に打つ手無し、有終の美を飾られてしまいました。

その4回のうち2回目、
終始激しく争った末の最終ラップ、僕が先頭Pさん2番手のテールトゥノーズのまま最終コーナーでとうとう激突。
20061022140247.jpg


1.「無謀なブロック」VS「無謀な突っ込み」
2.インに割って入るPさん、対してグリップを失う僕。
3.コースアウト!
4.「ブリブリブリブリ…」


結局その後Pさんはゴール前で首位を僕に明け渡し、
「えっいいの?」の気持ちでチェッカー、リプレイ見て大爆笑(笑
レース後判ったのがこの2台のGT3、年式違いの同チームなのですよ。
チーム戦略が全く働かなかったヒトコマでありました(笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。