スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低額帯コンデンサーマイク リップノイズ&アタック&環境雑音比較テスト

バグによりTmBoxに上がらなかったのでこちらで!

特には歌唱収録上大きなストレスとなりうるリップノイズの収音具合および音の立ち上がり、そして環境雑音の拾い方のテストです。

SM58→Nova→GXL2200→B2PRO(Cardioid)→B2PRO(Omni)→C3000B→C1の順で収録、単一のmp3ファイルとして同順にて纏めています。

ソースは僕の声。特にリップを拾いやすい「か!」「た!」の発声、高←→低のバランスが判りやすい「さ!とう!」の発声、及び直接的な舌打ちやくちゅくちゅという音(汚くてゴメンナサイ)をそれぞれ個別に出して比較。ちなみに全て至近距離のオンマイクですが、とりわけコンデンサーマイクの場合、指向性センターであれば多少の距離が伴っても(エアー感が増す事と収音帯域が絞られる事以外)結果に大きな差異は出ないというのが平常です。

テスト環境上同時収録が不可能でしたので、特には環境雑音についてはうるさい時もあり静かな時もあり…というちぐはぐな状況下ですが、むしろアトランダムな環境だからこそ見えてくるものもある…かもしれません。

音源はこちら↓
http://groovebox-shirokuma.com/sounds/mics_rip&attack_test.mp3

私的な感想ですが、やはりC3000Bは優秀だなという(価格で考えれば当然ですが…)。型落ちが悔やまれます。次点でGXL2200?その他については(別種であるSM58を除き)正直どっこいどっこいというか、どれも綺麗なボーカルを収録をするには相当な神経を使いそうな印象ですね~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。