スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは高いんじゃ?

「テクノのお話」はいったんお休み、今日はオーディオIFについて。

ヤマハさんから「GO44」「GO46」というオーディオIFがそれぞれ、
この8月に発売になる(のかなったのか)様子です(間違ってたらすんませんっす)。

先程音屋のオーディオIFページを見ておりました際発見するに至り、
「どんなもんだろ?」とそのスペック詳細をヤマハ公式で確認して参りました。


先ず「GO44」なのですけれども、
FireWire接続、バスパワー動作可能、4in4out(アナログin/out双方共2xTRS、デジタルin/out双方共コアキシャル)、MIDI端子1in1out、バンドルのソフトはcubase LE、Groove Agent SE、HALion SEの3種、とまあ特記すべきスペックはこんなところでしょうかね~。

至って普通。FireWire接続であるという点と、アナログ入出力がRCAでは無くTRS端子であるという点が魅力といえば魅力かもですが、
しかしそれは他にいくらでも…ですものねぇ。
バンドルソフトがスタイン系に徹底している辺りが特徴的?
いやでもそりゃそうか(笑)ヤマハですしね~。
音質面については、スペック詳細を見た限りではなんとも云い難いっす。

んでもって気になるお値段なのですが、音屋では32,800円(税込) でありました…ええっ!?(驚
極個人的な見解ではありますが、往年のライバル某E社やメーカー的立ち位置が近そうな某M社IFなんかの価格相場と照らし合わせて考えますとこの「GO44」、モノ自体の価値値はおおよそ13,000~15,000円程度なんじゃないかなぁ(苦笑
もし32,800円を払ってこれを買おうとしている方が身内にいたならば、
「もっと安くて良いのがあるさ」と迷わず他のIF勧めますね~。

次に「GO46」。
こちらは前述「44」の上位モデルらしく、フロントにファンタム電源対応のコンボ入力端子を2つ装備、かつリアには「44」と同じく2xTRS入力端子を装備。
しかし「最大同時アナログ入出力数2in4out」という記述を見る限り、
フロントのコンボとリアのTRSを同時使用する事は出来なそうな様子。
がしかしリアパネの画像を見るとアナログ入出力全て含めTRS端子は8つ程。うち2つは入力端子、4つは出力端子、じゃ後の2つは何かなと見てみましたら「インサート」との事。
デジタル入出力端子の数は「44」と同じではありますが、あちらがコアキシャルであったのに対しこちらは何故かオプティカル。
その他「44」との大きな違いは無さそうっす。

んでもってこちらはお値段39,800円(税込)、M社の「FireWire 410」と等価格でありますねぇ。
確かに入力端子の充実度、及び同時入力数といった面ではスペックとしても同等と云えましょうが、出力数なんかも比較対象としちゃうと明らかに「FireWire 410」の方が勝ってしまいます。
増してE社の「FA-66」なんて34,500円(税込)ですよ。それらと比較して今ひとつ魅力に欠く上なにせ高い。なんだかなぁ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それこそがヤマハww

周辺デバイス機器に関するヤマハのヘタレっぷりは旧態依然とした社風のなせるワザw
ザ、YAMAHAなのですよ

それはさて置き、隊長
僕は最近「KRISTAL」なるフリーソフトを使ってみたのですが、いやー便利ですねーw
視覚レベルで波形エディットできる利便性を痛感しましたですよ。。。この歳になって(爆)
そしていろいろググッてみたところ「VSTプラグイン」なるフリーエフェクトが巷には存在するというではありませんか!
さっそく隊長のソフトレビューから5つほどDLして使ってみましたよ
。。。素晴らしい。。。

さらっと触った感じではコンプ系BLOCKFISH
endrophin
この二つはお勧めの通り、なかなか使いでがありそうです
弄り倒してやろうと思いますw

しばらくハマリそうです、明日以降は良質なリバーヴとピッチシフターなど探してみたいと思います、では~♪

こばわーーっす、junoさん!

>旧態依然とした社風のなせるワザw

わはは(笑)
その「旧態依然」というのはヤマハさんのみならずどこも少なからずあると思うのですが、
ところが何故だかヤマハさんの場合それが露骨に出るんですよね~。

>KRISTAL

なんすかそれーっ!?
と思いグーグル大先生の手を借りて調べてみましたところ、
オーディオのマルチトラック録音&編集のみに的を絞ったフリーのDAWソフトとの事で!

>視覚レベルで波形エディットできる

確かにそれは、DAWベースの音楽制作の大きな利点でありましょうね~。

>コンプ系BLOCKFISH、endrophin

どちらもフリーウェア中ではかなり秀でておりますよね~。
あの「tools」ページ、こんとこ更新さぼっておるんですがその影では僕も色々フリーウェア使い試してたりするのですよ(笑
また近々あれこれと更新しようと考えておりますんで是非遊びにいらして下さいね~^^

>良質なリバーヴとピッチシフター

VSTもあんまり深く追求し過ぎると深みにはまるので注意ですよ~(笑
RSSフィード
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。