スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光るよこれwwwwww

ベリンガー略称ベリといえば安かろう○かろうで有名な機材メーカーです。
音自体は意外によかったりする事もあるのですが、組み上げがガサツである事が多く、使い始めて間もなく壊れていったりしてしまうあたりがとても哀愁を誘い、何かこう弱いものを愛でる様な感覚でちょっと好きになっちゃったりする事もあるかもしれない、そんなメーカー…ってきもいなこりゃ(笑

うちはベリ機材はつい数日前まで非所持でしたが(買っても返品とかそんなんばっかで)、以前ちょっと格好いいなと思っていた同社製マイクプリを手に入れてしまったのです。

音はプリ管変えて(エレハモの12AX7EH Gold x2)案外よくなったんじゃないかというところでそれ以上突っ込んで検証したりはしてないのですが、
折角なので本日はその格好よさを晒し上げ。
behringer_t1953.jpg

 ↑
これっす!テラカッコヨス。

しかもこれだけ精巧な感じの外見なのに、中身ほんとすっからかんですよこれ(笑
管変えようって中開けた時に思わずびっくりしました。この大きさ全然意味ないじゃん!という。
管モノは仕様上大抵中身が空いてますが、これは異様でした。

んでもってこいつのウリはですね。
フロントパネル右側に窓が付いていて管が見えるようになっているのですが、
その管の後ろに電球が装備されており、バックライト的に光るwww

YTD_9164.jpg

こんな感じで(笑
いや他のプリ機材で前例が無いわけじゃないんですけど、ベリがこういう感じに、高級オーディオさながらみたいな演出をやってくれるというのは機材ヲタとしては何かたまらないものが。


光るといえばヒュース&ケトナーの(ギターの)アンプヘッド(参照、暗闇で青く光ります)とかとカッコイイなとか思っちゃうんですが、ベリが光るとまた別の意味でカッコヨスw


国内では既に生産終了らしき当マイクプリですが、是非とも今後に至り光る路線を推し進めて「音響機材界のケトナー」と謳われるまで頑張ってほしいですね!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。