スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bladeで録ってみた

先日のエレキ「Blade」で早速録ってみました。

■ハードコア調デモ音源

なんでいきなりこんな曲調なのかといえば、
演奏の粗が目立たないから!(爆

なんかシャウトが入りそうな雰囲気ですが、入れるかどうかは未定です。
あと出来ればるなちにもベース頑張ってもらって、
この音源の打ち込みベースと差し替えで録って貰いたい!
るなちくんがんばりやさいーー。
…うちもがんばらんと^^;

まだ今ひとつ、ピッキングハーモニクスを自在に出せずにいます。
「キュイーン」といってほしいとこでいってくれない…。
練習あるのみですね!

歪み等のギターエフェクトは100%PODxtから出してみました。
昨日書いた「DAW内のアンプシミュを介す」というのも試したのですが、
なんかそんなに変わらないんでそれだったらと。

レンジ的にはかなりワイドに出てるみたいなので、
その分EQやコンプ等での後処理には悩まされます。
如何様にもなりますからね!

音源を改めて聴くと今ひとつ、他音色との分離が悪いかもしれません。
曲調が曲調だけに難しい部分もありますが、それでももっと上手くやる方法は
いくらでもありそう。模索していかなきゃですね。


あと、そう!
このドラム、なかなかいい音でしょう!?

実は今こんなのを使っているのです

以前「ソフトウェアドラム音源はどれも…」という話を書いた事があるのですが、
その流れで色々ともがいた結果、この音源に辿り着きました。
個人のエンジニアさんが制作にあたってらっしゃるそうで、
サイト中の記述にもある通り、ほぼ無加工無処理の新鮮な音色がウリです。

その分手元で行うべき処理工程は増えますが、
弄っても弄ってもどうしようも無いものを前に頭を抱えるより、
弄り方次第でどんな風にもなる様な音の方が楽しいのです!

ライブラリは各ソフトウェアサンプラーのフォーマットで収録されていますが、
音色のキー配列やベロシティカーブが僕の打ち込み方とは少し合わなかったので、
裸のwavファイルからいいとこどりでBattery用のライブラリとしてイチから組み換えました。

サイトには3種のパッケージがありますが、そのうち僕は「Vol.2」と「Vol.3」を所持しています。
このシリーズ、間違いなく秀作だと思いますよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。