スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソ子不調

とある音仕事が大詰めであった一昨日の晩、ふと再起した拍子にヌエンドの挙動が不安定に。
「ビビッ」「ガガッ」という様なノイズと共に再生が途切れ途切れになってしまうのでした。

こういうのって大抵はオーディオIFのバッファが低すぎるか、或いは何らかの原因でHDDのシークがおっ付かない様な時におこる症状なのですよね。なのでその時も先ずはIFを疑ってみたわけなんですが、マスタリング作業時につきバッファには余裕をもたせていましたので、「ドライバとんだかな」などとも考え再インストールやらPCIポートの差し替え(うちのIFはPCI接続タイプなので)も試してみたのですが改善される気配すらナシ。

んで次にはこれまた定石通りHDDを疑い、フォルダ整理に始まりチェックディスクやらデフラグ等を試しました。とは云えヌエンドに2種(CPU側とHDD側)あるパフォーマンスメータのうち、激しく振れていたのはCPU側だったのでそれほど突っ込んだ検証はしなかったのも事実。

結局原因がよく判らないまま漠然と、「CPUいかれたかな、この夏も酷使したしな」と無根拠に考え、翌日暇をみてパソ屋に買いに走ったのがCore2DuoのE8500(リンク先は4亀さんとこの検証ページ)。
暫く愛用したE6750から換装し、なおらんかなぁと思いつつヌエンドを立ち上げてみたところ症状は改善せず。このへんで少しふてくされて仮眠をとったりとか。

んで起きた後再検証。何故だかシーケンス中の波形ファイルを削除すると再生が幾分スムーズになったのです。この辺りでやっと、遅まきながら「やっぱHDDが原因か」と気付きました次第。試しにシーケンスごと別のHDDにコピーし、そちらから起動してみたところ決して完全では無いものの幾らか普通っぽく動いているのでした。

原因になっているHDDにはヌエンドのプログラムそのものをはじめ全てのVSTプラグイン等をインストールしていますから、シーケンスや波形ファイルのみを退避させるのみでは当然不十分なのです。
パーテーションごと他のHDDに移植してしまうのが最も手っ取り早い方法なのですが、手持ちの別HDDにそのような空きはありませんで、結局これも買うハメに。がっくしです。

ということでここ2日間のがっくしな買い物。
_YTD5729.jpg
いつになってもパソというのは手のかかるツールですね…^^;

ちなみに今回お釈迦になってしまったHDD、使い始めて多分1年足らずです。以前にも一度不具合起こした関係でリフォーマットの上また暫く使っていたのですが…取り分けHDDの関しては、ダメなものはダメと割り切った方が良いのでしょうね。


とまあそんな感じで不用意な出費をしてしまったわけなのですが、
改めて考えてみると随分なスペックアップになりました。なのでまあよし!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。