スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹夜ちう

_YTD4384.jpg

_YTD4385.jpg

リポDはけっこうきくとおもいます!

ただ効き目が弱まった頃いきなり襲ってくる怒涛の睡魔が怖いっす。
今日はまだまだ寝れんのだ~。

ちなみにその隣のブタメンは確かるなちがピコの『まわる』の録りに来た際置いてってくれたものなのですが…それっていつでしたっけ?随分前になるのかと。賞味期限みたらあさってまででした(笑)ありがたくいただきまーす。


ところでレンズまた一本買いました。60mmマクロ&55-200mmと引き換えに!
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)』というもの。
マクロなんかと比べちゃえば写りの面では劣化したとも云えよう選択なのですが、手軽VR2(ニコンのレンズ内臓型手ブレ補正機構)の効きの良さと、このテのレンズ中では比較的優れた解像感と、そして実焦点距離450mmという超望遠域を気軽に携行出来るというそれぞれの点に惹かれまくって随分前から欲しかったものなのです。

シグマやタムの安価な70-300mmも試してみたのですが、絞り開放付近で色収差が結構出ちゃってたり、望遠側の像が甘かったり、(レンズの)大きさと重さのバランスが悪かったり、それ以上にこれくらいの焦点距離で手ブレ補正が無いというのは手持ちで撮る上ではあまりにも辛かったり。
値段だけでみれば上記二社のものと比較してニコンのVR付きは実質倍以上(というか三倍近く)ですから、割高だよなぁとは思えつつ店頭で試すともうその割高感さえ消えてしまう様な(笑
とても魅力的に思えていた一本。

というか一時期これの前期型をD40で使っていたことがあるのですよね。写りは結構好きだったものの、サッとピント合わせたい様なケースが多そうな焦点距離上において、AF出来ないのはやっぱ不便かなという事でその後売っちゃってました。当然今回はAF出来るし、しかもかなり速い!これなら動体をしっかりと追えそうです。D200のコンティニュアンスAF(フォーカスエリア内の被写体に対しピントを合わせ続ける機能)にもちゃんと追随しますし。


フードを装着した際の大きさはかなりのものになりますが↓
2008100405450000.jpg
(この写真だけケータイの写メ)
ホールド感や重量は良い感じなので手持ちに際し安定しそうです。
以下試し撮り。

Img0374.jpg

Img0372.jpg

Img0375.jpg

全てD200+AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当に写真がメインじゃないですか笑笑
あとキャメラの解説(´ω`)笑

>>みならいくん

| ^o^ |<はい

| ^o^ |<しゃしん だいすきです

 ↑
これこれ、『ブームくん』!

いっそフォトブログ一つつくって音楽用というか普通用と分けようかとか考えてんだけどどうだろねい。
RSSフィード
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。