スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続、CS6Rで音づくり

前回に続いてCS6Rでの音づくりについて。
とはいえ前回は音づくりのことなどほぼ書いてなかったので(笑
こちらが本題という事になりますでしょうかね~。

さて、CS6系列のボイスエディタはXGworksやSOL2等、ヤマハ製のシーケンサソフトからプラグインとして読み込めます。
このへんはなんともヤマハっぽいやり方ですよねぇ(笑
確かMUなんかの音色弄る為のツール「XGエディタ」なんかもそうであったような気が。

音づくりの仕方は従来のシンセとおおよそ同じでして、
基本波形を読み込むオシレーターは4基装備、エディットページは全て別箇。
それぞれEQ、ピッチ、アンプ、各EG、及びLFOなんかを介した上でミキサー>マスターのフィルタ、EG、LFO等>エフェクト>マスターEQってな手順。

ちなみにCS6系列ってダンス系に特化したシンセとして売り出されておったのですけれども、生音系の基本波形もそこそこ充実してます。
数が多過ぎない分音づくりをする際にもさほどに迷う事が無いというのは、めんどくさがりな僕にとってはプラスな部分でありますです(笑


ってな雰囲気でして、本日はこれを使ってストリングス、ブラス、ウッドベースの三種を作ってみました次第、
そしてそれぞれフラットかつノーエフェクトで吐き出したデモも同時につくってみました(ドラムはXV、パーカスはうちのジャンベ素材です)。

一応曲になっておるんですがタイトルはどうしましょうね。
じゃあ「マハロの苦悩.mp3」でいいや。いやなんじゃそりゃ(爆

ウッドベは失敗ですね!もう少しアタック硬くしないと埋もれそうです。
はじきノイズみたいな音をちょこっと加えれば改善されそう。

ストリングスは…もっと立ち上がりはっきりしてたら良いんですがねー。
まあでもそこそこ使えそうかな?

ブラスはよさげ!基本波形がかなり利口な音でした、これは使えそうっす。


いやはや、だからシンセはやめられないっ(笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。