スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bladeで録ってみた

先日のエレキ「Blade」で早速録ってみました。

■ハードコア調デモ音源

なんでいきなりこんな曲調なのかといえば、
演奏の粗が目立たないから!(爆

なんかシャウトが入りそうな雰囲気ですが、入れるかどうかは未定です。
あと出来ればるなちにもベース頑張ってもらって、
この音源の打ち込みベースと差し替えで録って貰いたい!
るなちくんがんばりやさいーー。
…うちもがんばらんと^^;

まだ今ひとつ、ピッキングハーモニクスを自在に出せずにいます。
「キュイーン」といってほしいとこでいってくれない…。
練習あるのみですね!

歪み等のギターエフェクトは100%PODxtから出してみました。
昨日書いた「DAW内のアンプシミュを介す」というのも試したのですが、
なんかそんなに変わらないんでそれだったらと。

レンジ的にはかなりワイドに出てるみたいなので、
その分EQやコンプ等での後処理には悩まされます。
如何様にもなりますからね!

音源を改めて聴くと今ひとつ、他音色との分離が悪いかもしれません。
曲調が曲調だけに難しい部分もありますが、それでももっと上手くやる方法は
いくらでもありそう。模索していかなきゃですね。


あと、そう!
このドラム、なかなかいい音でしょう!?

実は今こんなのを使っているのです

以前「ソフトウェアドラム音源はどれも…」という話を書いた事があるのですが、
その流れで色々ともがいた結果、この音源に辿り着きました。
個人のエンジニアさんが制作にあたってらっしゃるそうで、
サイト中の記述にもある通り、ほぼ無加工無処理の新鮮な音色がウリです。

その分手元で行うべき処理工程は増えますが、
弄っても弄ってもどうしようも無いものを前に頭を抱えるより、
弄り方次第でどんな風にもなる様な音の方が楽しいのです!

ライブラリは各ソフトウェアサンプラーのフォーマットで収録されていますが、
音色のキー配列やベロシティカーブが僕の打ち込み方とは少し合わなかったので、
裸のwavファイルからいいとこどりでBattery用のライブラリとしてイチから組み換えました。

サイトには3種のパッケージがありますが、そのうち僕は「Vol.2」と「Vol.3」を所持しています。
このシリーズ、間違いなく秀作だと思いますよ!
スポンサーサイト

PODxt

本日もギター関連でひとネタ。
前述の「Blade」を借りてくるその数日前にこんなのを買いましたですよ。

LINE6のPODxt
YTD_8745.jpg

アンプシミュ及びDIとしてもとても優秀な王道マルチエフェクターです。
しかし改めて見るとヘンな形だな…(苦笑

おケツ型?
ひっくり返せばネコ耳型でしょうか?

ともあれめちゃ便利なのでもうギター用のエフェクターはこれでよさそう。
ただ歪み系の高域が結構ザラつくというか少しライン臭い様な感じもあるので、
場合によってはDAW内で更にアンプシミュかましたりとか、
或いはマイキングしたりとかの工夫が必要なケースはでてくるかもっす。

しかしLINE6ってほんと優秀ですね。
「マルチは音が細い」なんていうのも、このメーカーに関してはあまり
当てはまらないかもしれません。

後は僕の実力が伴えば(ry

あとそのPODにささってるシールドなんですが、
これ楽器店しまむーこと島村楽器のオリジナルみたいです。
黒いパッケージの「PROシリーズ」というヤツで、ドライ、ウェット、
あとレギュラーと3種あるうちのこれはドライ。確か6000円くらい?
えらくクリアな音なんでびびりました。侮りがたし!


ところで音の告知です。
NanosizeMirとしての参加はありませんが、
秋のM3においては塚越個人として2曲?3曲?程曲を書けそう。
今夏から秋にかけては音仕事の方も忙しくなってきそうですし、
来年にはピコのアルバムも控えているので気を引き締めてかからないと!

これがよい!

ギターについてその後も悩みに悩んだ僕ですが、
知人所有のギターのうち一本がとても気に入ってしまいました。

「Blade」というブツなのですがなんでも現行品では無いという事で、

「売ってくれ!」ともちかけましたらば何とOKが!

ありがたやーーー。

YTD_8743.jpg

とても木目の綺麗なモデルなのです。パール柄のピックガードもイイ!
写真ではその綺麗さの半分も伝えられてないかもしれない(笑

ぶっちゃけいい音です。
立ち上がりの良さと適度なエアー感、そして特有のコシが伴います。

んでもってコイツ、アクティブ(電池入れるタイプ)なんです。
しかもPUセレクタ横のスイッチで、ノーマル、ブースト、ブライトの3ch切り替えが
出来るという録音用としてはめっちゃくちゃ便利なつくり。
ボディ裏には3bandのEQがついているので、本体だけでも音づくりの幅は
かなり広いですし、カチャカチャ切り替えて遊ぶだけでも
かなり楽しい…のですがあんまやると壊れるかな(苦笑

鳴らした感じハーフトーンの出番が多そうな印象ですが、
ここ一番というところでリア+ブーストを用い、ガッと歪ませてやれば威力絶大そう。

ネックは細めで、そこだけ握ればIbanezの様な雰囲気。
友人曰く「結構反り易いのでネック調整はマメに」との事でした。

よし、練習がんばるぞ!
RSSフィード
最近の記事
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。