スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(・∀・)ノ■ タプコ!

以前書きましたモニスピについて、
その後もだいぶ悩んだのですがこんなヤツにしました。
s8.jpg
(クリックで拡大)
TAPCOのS8の「S8」というブツで御座います。

このTAPCO(以下タプコ)とはマッキーの子ブランドでして、
昨今楽器屋に行くと時折置いてある黄色&黒のミキサー見た事ありますでしょか?あれを出してるとこっす。
径8インチのウーファーを装備したパワード2wayのS8、値段こそペアで67800円とお安めなものの音は良しと巷で評判の様子。
悩んだ挙句安いものに決めるというのは先天的貧乏性である僕の悪い癖なのですが、がしかし今後故障無く動いてさえくれれば今回の買い物は大成功であろうなと実感しております次第の当方で御座いまして。


以下率直な使用感をば。

先ずこのS8は背面バスレフなので、背後の壁に対する距離等考え無しに置いてしまっている現状では持ち味を生かし切れてはいなそうだとは思うのですけれども。
しかしながら(個人的な)聴感上ではいい塩梅でして、硬すぎず柔らか過ぎず、低音同士の分離も良く…といった具合で耳馴染み良好。
ただうちの環境ではどうしても低音量が強くなってしまう(というより超低域が響いてしまう)ので、現状EQでの補正はしています(25Hz~100Hz辺りまで若干下げてます)が、部屋というか壁そのものについてゆくゆくは考えないとあかんかもっす、とりあえずはスピーカーもう若干前によこして背面の壁に吸音材でしょうか。

対して高域については量も適度で妙なピークも無く、耳に刺さる事も無く素直な音だと感じます。聴き疲れしないんで長時間ダラダラ~と作業続ける僕には向いてそうだ。
中域に関しても一切の問題を感じませんが高及び低域と比較した場合すこーし奥で鳴っている様な気がするのは、もしかしたらこれまで3wayを使っていたところによるのでしょかね~。
んでも全域に渡ってかなりいい感じに解像してると思います、各音色くっきり明瞭。

定位感というかステレオイメージも良くて、
とりあえず当たり前といえば当たり前ですが真ん中に寄せた音はちゃんと真ん中です、サイン波でも矩形波でも(笑)ペア売りですから個体差あんま無いんでしょうかね。
あと物理的な横幅より結構ワイドに聞こえる気がします、(耳に対する)向け方の問題もありましょうがこれは好感触。
最後にもひとつ追記、小音量でもいい音鳴ってます。


纏め、いやーこれ買いですよ(笑
高音圧に対する許容度が高い(スペック面で、というわけでは無く感覚的に)と思うのでオケ厚さんにゃ特にお勧めです。(例えばマシンドラムとか)硬い音多用する方にも良し、前述ですが疲れがこないです。
バスレフに対する抵抗さえ無ければこの価格帯でこれだけしっかりした音出してくれるスピーカーってなかなか無いんじゃないかなぁと。
あとはやっぱ置き方ですよね~。

サイズとかスペックは公式サイトあたりご参考に。
でかいっすよ!
スポンサーサイト

当方の名前について予め告知

誠に突然ですが当方その実「白熊」じゃ御座いませんで(笑
誰もが知る事実かとは存じますがしかし、何を思ったのか当音楽活動を始めるに当たって、当時の僕は自らに「ShiroKuma」というハンドルネームを与えてしまいました。

なにせ軽い気持ちで始めたもので、
ネーミングに際しても後々考え悩むなんて事をしなかったわけなのです。今尚別段重ったるいモノを背負い込んでいるわけでは無く、気ままに活動しているという点では変わりませんがしかし!
いつしか僕はこの活動に情熱を抱き始め、伴っては「ShiroKuma」という名を名乗る限り拭い去れぬ自らとのギャップにちょっぴり悩み始めました。

「クマで定着してるんだから変える必要は無い」とは知人の言葉、正論であろうなとは常々。しかし申し訳なくも皆様方へ予め告知、

改名しまっす!


名前についてはまだ決めておりませんが、とにかくは自らにとって自然な名が良いなと。でもって「ShiroKuma」ですとか「白熊」「クマ」「くま」という呼び名については今後一種のニックネームの様な感じになってくれれば良いなーと考えつつ、サイト始め当方の音源が既存である楽曲公開サイト中プロフ欄には「旧名:ShiroKuma」と記述と記述します。
又これまでShiroKumaとして各所で公開した楽曲の数々については、この名のままでの公開を維持します(なので既に我が楽曲をご使用の上何か創作物を公開中の皆様方、クレジットを書き替えて戴く必要は御座いませんのでご安心を!)。
加えもう一点、名前変更に伴いサイト中Aboutページ記載のプロフ一部は書き替えますが、サイト名「Groovebox☆ShiroKuma」の変更は致しません!


以上、予め告知でありました。
どんな名にしようかはもうしばらく悩んでみます、後々困らない様にね~(笑

こゆきあらかると

bnb_arakaruto.jpg

ちまさん、ことfrayjaさんによる楽曲制作プロジェクト「T.I-Project」さんが、今春の同人音楽イベント「M3」に出展するアルバム「こゆきあらかると」に編曲者として参加します。

このアルバムはちまさん作曲「小雪 -White Reception-」を5種異なるアレンジで収録したものでして、ちまさんご自身及び僕の他にもしらぽんさん、Yusukeさんというお二方がご参加。
又各アレンジそれぞれで異なるリードVOをフィーチャー、僕verの元では以前「flowed」や「ハミング」等で歌声を披露して下さった女性歌い手「和泉綾」が、彼女の持ち味存分に生かしつつ歌ってくれております。

「T.I-Project」サイト中「こゆきあらかると」ページ上にもデモ音源が公開されておりますので、ここではそれとは若干異なる部分に尺を絞ったデモを置いてみようかと。
http://groovebox-shirokuma.com/demo/koyuki_demo.mp3
と書きつつ絞り切れなかったので一番中のオイシイとこチョイ出しダイジェスト!

楽曲について詳細はまた後日!

模様替え

模様替えというか機材配置変えなんですが、
仕事部屋をばばっと弄ってみたりとか。

20070316192909.jpg20070316192925.jpg

20070316192939.jpg


ソフト側への比重が傾く事によって手元に置くべきハード機材が少量で済む様になって来た昨今で御座います。昨日までは無印ラック中に羅列させていた機材中から使わぬものを押入れor別室へと移動し、デスクもごく普通のモノを使用してPC周りをなるだけシンプルに纏めてみました…そのつもりです(笑
無印ラックは部屋の端へと移動し、楽器の類と衣類少量を並べるつもり。

ラックマウントさせた機材群の中にも非使用のものはありますが、
取り外すのめんどいのでそのまま置いてしまいました。
上に裸で並んじゃってる1Uハード4種は、現在別所で使っている5Uラックケースが戻って来たらばマウントしてやろうかと。

問題は書き物をする場所が別室になってしまった事なのですが、
ましかし横っちょに机置いた挙句物並べすぎて収拾付かなくなるよりゃいいかな~と(昨日までまさにそんな状態でしたん)。


とこんな作業に本日は午前半日を費やしました。
昼頃道端で近所のオクサンに行き会った際、「あら、今日は早起きね~」と云われてしまいましたよ(笑
以前ここで書いた「芸術祭」のお稽古に際し、再三寝遅刻をしてしまったせいで僕の生活時間は狂いまくりだと云う事がバレてしまいましたんorz

音楽関連雑記

珍しく打ち込みについて。

僕は弾き手ですから、ソフトシンセをマウントしつつ打ち込みで曲制作する場合でもレイテンシを極力抑えた状態がデフォなのですよ。
リアルタイム入力に際して音遅れちゃったら弾けませんし、ステップで入れるにしてもレイテンシって気になりますし。
設定値について詳しくは入力/出力双方で3ms未満程度(後のミックス時にはバッファ上げますけどね)。この値をバッファサイズ128サンプルで得られるわけですからPCIベースのオーディオIFは勝手が良いのですが、
しかしソフトシンセを幾つも多重起動させた状態でそれぞれトラック数及びポリという概念から酷使しますと、再生中プチプチというノイズが所々で入ったり、場合によっては瞬間的に音が途切れたりもし出します。

そこで必要になるのはとにかくPCスペックなのですが、
しかし幾らスペックを上げた所でソフトシンセ単機あたりの負荷も常に上昇傾向にあるわけですから結局イタチごっこなんですよね(笑)悩ましいところです。

そんなこんなの製作過程でストレスを溜め込む反面、昨今僕が「良かったなぁ」と思えるのはハードシンセ全盛期。
シンセ単機あたりの値段は当然の如く高価でしたが、しかしレイテンシ云々というのは一切気になりませんでしたし、(ハードサンプラーの場合はまた別ですが)読み込み時間というのも基本的に皆無に等しかったので入電して直ぐ作業に当たれたわけです。
それが今に至ってみると…ソフト起動してから分単位待ちですからなんともかんともで。


少し話は変わって「モニタスピーカー」について、皆さん何使ってらっしゃいます?僕は生演奏や歌のモニタリング時にしかヘッドフォンを用いませんので、大抵の場合スピーカーから音を出して曲制作をしています。

しかし昨今流行りのカタイ音というのをどうにも好みませんで、今に至っては70's後期三菱のDS-35Bという3wayをプリメイン→ハードEQ補正という経路で使っております(ちなみに昨年前期まではテンモニでした)。リスニングに限ってはデフォでも心地の良い音を出してくれるのですが、曲制作に用いるとなるとやはり中域立ち過ぎるのでフラット寄りへの補正は必要なのですよね。

ただなにせ年代モノですし経年劣化もありますから解像感に優れませんで、とりわけオケ厚な楽曲性が主になる僕には向かない様な気がしています。そこで次回買い替え時は所謂スタジオモニタを考えておるわけでして、多分今年一発目の音楽的デカイ買い物はこれになりそうな気がします(アコギは8800円でしたものw)。

ただ現状の環境はこれで活かしておきたいので、
暁にはセレクタスイッチ一つで出口を変えれる様な環境が良いなと。
モノさえ良ければ10万以下の出費で抑えたいなという考えも先立ち、かつアンプの制約からも逃れたかったりでパワードの視聴を幾つかやった結果、とりあえず数種候補は出たのですがどれも見た目がかっちょわるいという。

そこへ来て音屋物色してましたらば一際魅力を感じるのってJBL一連でありました。
これの視聴、どっかの店で出来ませんかねぇ~。

文化芸能祭

えーと、うちの区界隈の「文化芸能祭」というのが本日ありましたん。
これは毎年この時期に催される地区行事との事、今年は数えて27回目になるんだとか。

昨年4月この区に転住して参りました当方、新顔で御座います。
ながらにもこの度上記の催しに向けた集いの元、
楽曲「千の風になって」と「童謡メドレー」の2曲においてお粗末では御座いましたが合唱指導及びピアノ伴奏、又後者の楽曲では打ち込みとの同期伴うピアノ弾き語りリードVOという役を担わせて戴きました。

昨日3月4日はこれの本番があり、
午前11時のリハ(的なもの)を経て機材搬入、本番、そして打ち上げという段取りで一日消化。地区の皆々様のお陰でとても良い機会と、有意義な時間双方に恵まれた事を当方今尚とても有難く感じる所存でありますです。

お写真&Wii

先ずはお写真をば。
20070301042504.jpg20070301042524.jpg

20070301042624.jpg20070301042642.jpg

おフランスはパリのエッフェル塔ざんす!
というのは大嘘でご覧の通り東京タワーで御座います、つい先日友人と共に観光して参りました。
都内在住時はさほどに興味も沸かず立ち寄る機会も殆ど無かったのですが、文字通り「おのぼりさん」として登ってみるのもなかなか良いものだと今回実感。
風は冷たかったものの晴天には恵まれ、お陰で充分な光量を得スタンド無しでもピントは良好な印象。


続いてWiiについて、間に1日置いた2日間に渡って知人スタジオにて1日目5人、2日目4人という大人数で酒飲み交わしつつ大画面液晶でプレイして参りました(遊んでばっかおったわけでは無いんですよ~!機材のメンテや仕事の打ち合わせも兼ね、です)。
前述の通り当方Wiiは初プレイ、先ず戸惑ったのはコントローラの使い勝手というか動かし勝手でありました。
慣れる為の練習兼ね自分自身のMii(アバターのようなもの)顔作成、経てソフト「初めてのWii」中のゲーム幾つかをざざっと対戦プレイ。
以前Wii所有の友人から「どれが面白いor面白くない」という話を聞いておったのですが、
これが対人戦だとどれも割と面白いかも?という風な印象。
個人的なベストは「ピンポン」、次いで「ホッケー」や「牛ダッシュ」、それに「ビリヤード」といったところ。

続いてプレイしたソフトは「Wiiスポーツ」、これが最高に面白かった!
可能なものは4人同時に、不可能なものは2人ずつ順番に全てのゲーム一通りプレイしてみたのですがね、
例えばボーリングを4人同時プレイでやりますと先ず一人が画面の前に立ちコントローラを用いて投球、結果に応じて何らかのリアクションをおのおのした後テレビの前から退場(笑)次に投げるプレイヤーもまた同様の動作を繰り返すというその様子がもう本物のボーリングさながらなのですよ。

又どのゲームでも基本的には無駄のない動作でコントローラーさえ動かせば操作は出来るわけなんですが、
なにせ画面上でやってる事は「スポーツ」なわけですから動作に無駄が結構出るんですわ、判ります?
例えば「野球」でバットを振る時にはどうしても本物の野球的な動作一連を真似たくなったりもするもので、
これは前述の通り無駄とも云えましょうがしかしいい運動になります(笑
僕などは無駄な動作過多につき次の日筋肉痛に悩まされましたもの!

という事でこのWiiはダイエットに効果的だ!というのが結論。
昨今二の腕あたりのぷにぷにが気になってきた貴方っ!m9っ`Д´) ビシッ
Wiiを買うのだーー^^


追記、酒は良いものですが酒量に注意。
意識とんじゃうかもよ?ビーダッシュ!(古
RSSフィード
最近の記事
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。