スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜焼ける

やー両足全指が霜焼けなんですよ、流石長野。
ものの見事に腫れちゃってまあ…orz

なんでもビタミンEが有効だそうで?
心掛けて摂取せな、ですかねぇ。
或いはもう栄養剤とかかしら?霜焼け用の軟膏とかありますよね。

とか書いてる最中もこれまた痒い。
風呂上りバリバリなのですが…困ったものだ。


さてさて、本日より数日間僕はオフラインです。
なのでメール等の返信遅れてしまうかもっす、何卒ご容赦!
スポンサーサイト

本日の戦利品

bell.jpg

スレイベル!

という事で早速録音してみましたですよ。
先ずはシャランと一振り

次にクリスマス風

最後に応用、8分の6拍子で16分

とこんな感じ、リバーブ伴わせてみたのですが如何です?
結構綺麗でしょ!
もすこしオフ気味に録った方が良かったかもですねぇ。


一言追記、
プレ王オワタ\(^o^)/

「赤の軌跡」について

たまにゃ自分の曲についてここに書いてみるのも良いかなと。
ってか音楽サイトにくっついてるはずのブログなのに音楽ネタ少な過ぎですしね~。

先日プレ王で公開されましたこの曲なのですけれどもね
最初は全く別の曲でして、んでもって作詞者である和泉サンもそれに合わせて書いてくれてたんですよ。
なのですが「この(メロの)出足ってflowedに似てね?」という、
僕の無責任な一言でボツに(笑
それがもう半年程前の事でしょか。

ところがここにきて、改めて当時頂いた歌詞を見てみますと、
何気の無い一言一句が今僕に欠けているモノを内包しているなぁと感じるに至り。
「脱力感」或いは「空気感」とか、そんなモノでしょかね。
んでもって(多分)意識せずともそれらを自然に出すことが出来てるその歌詞がとても羨ましくなりました。

話は飛びますが先日、
ある方のすごくこう穏やかな楽曲を拝聴、心打たれました。
そしてその楽曲に対し、またある方は「自然にこういった風景を醸し出せるのには憧れる」とコメント(引用すんませんっす)。
同感だなぁとただただ思いました次第。

話は戻ります。
僕はサイト名に「Groovebox」という名を冠しており、
故に楽曲中にダンサブルな要素を潜ませようとは今でも常々考えているのですが。
しかしリズム隊への比重は若干強めても、
例えば「空気感」を損わぬ音づくりというのも出来ると思うのです。
実際そういう楽曲は多々知っていますしね。

サブタイトル「あかいやつ」と名付けられた歌詞の内容に歩み寄って、
「自分らしさを模索」とは紹介文に書きましたが同時に模索したのは「自分らしく無さ」でもあり(笑
結果的に僕が制作当初抱いた漠然とした全体像は見事に曖昧化し、
今自ら聴くとどこか地に足がつかぬ様な「不安定さ」を感じます。
色々考えた挙句今の僕に出せたのはこれのみ、という事でしょうかね~。

そんな一曲でありました。

今年最大の失敗

いやーあのですね。
レースゲ「Need For Speed Carbon」の日本語版、
英語版の評判(特にオンラインまわり)があまり宜しくないのと、
僕自身デモをやった限りではどうにもしっくりこないものがあったので、
一度は注文してみたもののキャンセルしたんですよ。

や、正確には「した気がしてた」と申しましょうかね。

ところが本日、出先から帰宅した僕の目にある黄色い紙切れが。
とここまで書けばわかりますよね?(笑)そう、これヤマトの「ご不在連絡票」。
んでもって荷物は「セブンドリーム(確かセブンイレブン経営のネト通販)」から、値段は「6460円です」との事。
あ~やっちまっただよorz

仕方ないので再配達の手配を済ませました、今夜21時頃来てくれるらしいっす。

ということで写真

写真を撮るべく本日午前中、母方の旧本家(現在廃屋、もはや山道と化した元街道沿いにひっそり)にがさごそと行って参りましたですよ。
honke3.jpghonke2.jpg
honke9.jpghonke7.jpg
honke6.jpghonke10.jpg
honke4.jpghonke5.jpg
光加減が難しいですねぇ~…。

デジカメ!

本日昼間、僕は「ガンプラ」目当てに買い物に出掛けましたよ。
ところがですね、帰り道手に持っておりましたのは明らかに「ガンプラ」では無かったんですよね~。不思議な事もあるもので御座います。

という事でデジカメを購入致しました、中古ですがっ!
僕はこれまでデジカメというブツを殆ど使った事がありませんで、
ブツの良し悪しも判らぬままSONY製「DSC-P5」というものに手を出してみました。
値段から察するにさほどに高級なお品ではないのかもですが、
なにせデジカメ初心者な僕ですから丁度良いんじゃないかなぁと。

んでもって帰宅、充電を済ませて早速試してみます。
背面液晶が綺麗!ここに先ず感動~。
あれこれ撮ってみたい衝動にかられておるのですけれども残念ながら今は夜、
「夜景モード」は手ブレ補正が利かないらしく、実際遠景を撮ってみたのですが見事にぼやけてしまいましたよ、あらら。
取説によると「夜景撮影時はスタンド設置推奨」との事、いやそんなのもってないよ~。

そんなこんなで夜景は諦め、
とりあえず「あみ戸に虫こない」スプレーをモデルに試行錯誤。
寂しいなー俺!
20061216234020.jpg

AUDIX CX112レポ

という事で手元に届きましたAUDIX製コンデンサマイク「CX112」、
小時間ではありますが早速使ってみましたのでレポをば。

先ず梱包を開けて「おっ」と思ったのがこのマイク、
ハードケースが木箱なのですよ。
cx112_1.jpg

こんな感じっす。
んでもってその他付属品は音屋の記述通りクリップのみでして、
サスペンション及び変換ネジの付属はありません。
というかサスペンションについてはオプションでも用意されていないのがちょい難点。
まあ音から察するに耐震性は良さそうなのでクリップでも特に問題は生じないでしょう。

本体には-10dBパッドスイッチとローカットスイッチをそれぞれ装備。
ちなみに指向性は単一のみ。
といことで設置してみました。
cx112_2.jpg


音を録音してみます、ソースは先ずボーカル、オンマイク。
-10dBパッドON、ローカットはOFF。
第一印象はクリア、そしてドライ。
F特性についてはもうAUDIXメーカーサイト上の詳細スペックpdf通りでして、
ダミ声によるブレスっ気とシャウトが伴う僕のVOでは中低及び中高域~高域の持ち上がりに上手~い事引っ掛かってくれます。
それでいて無表情に(普通に)歌っている時と、極端に抑えていたり或いは張っていたりする時との聴感音質、音量差をあまり感じないのも良し。

ローカットスイッチをONにして再録、
個人的にミックス時若干欲しいあたり(100Hz)までズバっと落としてしまうのでこれはナシという事に(笑
まあ例えば多重コーラス録りですとか、1音あたりを細めに収めたい時には使えそうです。

次にソースを変えてみませう、近くにあったのでリコーダー(笑
温かで良さげですが、吹きながら耳で普通に聴くのよりも少しかすれっ気が目立ちます。
マイクからの距離を若干離してみましたところなかなか好感触。
しかしながら自己ノイズ(スペック表によると18dB)及びPCのファンノイズが結構耳につきます、
主には後者なのでこのあたりはなんとかしないとですねぇ。

パーカス、というかパンデーロ。
ここまで上手い事パンデの低音を拾うマイクは稀です(笑
しかしながら何故だかジングルのシャカシャカが減衰気味?
録り方にひと工夫しないとですねぇ。

ジャンベ。こいつはバッチリ!
マイク1本立てで充分そう。

打ち込みのリアンプ。
これはさっぱり(苦笑)VO及びその他楽器録りでは殆ど感じなかった低高のピークっ気が浮き彫りに。
同様に、極端なオフマイク(大箱スタジオ等)での広域収録には不向きっぽそう。

纏め、先ず主用途であった僕のVO録音には最適かも。
その他ソロ楽器にもおおよそは良さそうですが、特には低域の伴うパーカス群の収録には活躍するでしょう。
難点はサスペンション無、若干の自己ノイズ、及びオフマイク録音時に現れる低高のピーク。
元気で個性的なマイクです。

いやー、こんとこ買い物関係失敗してばかりですが今回は当たりましたよ(笑
末永く愛用してゆきまっす。

結局買ってしまった

いやマイクなんですけれどもね、これっす
うちが買った時は在庫状況「希少」でした、
そして僕が買ったのを期に「お取寄せ」状態に。最後の一本だったのでしょうかねぇ。
そいえば数ヶ月前他所でオーディオIF買った時も全く同じ事が(笑

モノは明日届く予定なのですけれども、
なにせ(日本語の)レビュー1つすらどこにも見当たらないマイクを買うというのは、
やはりあまり賢い選択では無い気がするのですけれども(苦笑
とは考えつつ強く惹かれてしまうのもまた事実、
とりあえずは明日早速試してみるのが楽しみで御座います。

僕が購入した時点では(音屋の商品ページに)「特徴」及び「付属品」についての付記がありませんでした。
サポートに電話し付属品については事前に把握するに至ったのですけれども、
特徴項の「クリアーで存在感あふれる音は特にROCKにお勧め。
あこぎのストロークをガンガン刻んだり、
パワフルなボーカルにもグッド。」というのが妙に気になります(笑

コードレスデスクトップLX500

先日購入しましたMS製ワイヤレスマウスがどうも肌に合わなかったもので早々に売却。
やっぱりロジかなぁと思いつつ代替品を探して参りました。

以前も書きました通り僕は左利き、
よって右手用にデザインされた妙ちくりんな形のマウスは必然的に選択肢から除外。
かつそれなりには良いものを…と考え出すとこれがなっかなかないんですよね~。

左右兼用のロジ製トラックボールがあったので最初それにしようかと迷ったのですが、
しかし良く考えたら僕トラックボール苦手なんですよ(苦笑)指つりそうになります。
まあ慣れの問題なのでしょうが、どうせなら今までと比べてもさほどの違和感無く使えるものが良いなという事でそれはやめました。

余談ですがツールス卓を弄るスタジオエンジニアさんとかってトラックボール愛用者多いんですよねぇ。
そういう意味ではうちもトラックボールにすれば格好がつくかも?(笑)なんですけどもね。

そうこう迷っておりましたらばふと目に入ったのがメディアキーボード+マウスの抱き合わせ系商品群。
「メディアキーボード」というモノ自体には当方さほどに魅力を感じなかったのですが、
展示品をぽちぽちしてみましたらば妙にタイピングの感触が良いブツを発見。
加えセットのマウスも左右兼用、握ってみましたらばこれまた好感触。
という事で買って参りました、ロジ製「コードレスデスクトップLX500」!
20061210175448.jpg


先ずマウスはとても良さげでして、
ポインタ動作に違和感はありませんし反応もクイック。
MSマウスで感じていた重量感(前回及び今回共に単三電池x2駆動)も、
今回はマウスそのものが軽量なのか気になりませんでした。

キーボードは前述の通りタイピング感触がとにかくgood。
ただやはりメディアキーボードならではのボタン配列による、
縦サイズの大きさがちょいと悩みの種に。
写真の通りうちはモニタ(CRT21インチ)の手前にキーボードを現在置いておりますので、
キーボード上部のメディアプレイヤーキー一連がモニタの下に隠れて使えなくなっちゃってます(汗
まぁモニタを今後液晶に変えれば解決しそうな問題ではありますけどもね~。
キーの配列には一切違和感無く、現在も快適にタイプしております。
「Delete」キーが縦長なんですがこれは使いやすいかも!

とそんな感じでありました。
ちょっと無駄遣いしちゃったけど良い買い物が出来てよかったよかった。

ノーパソホスィ…

いやーノーパソほしいんですよねー。
今僕がおります部屋、つまり音楽部屋は寒いのですよ、
暖房はハロゲン一つですし。

ずっとピンポイントで右足の太ももあたりに当ててたせいで、
軽度の低温火傷をしてしまう有様orz
まずいなぁとは思いハロゲンの場所を変え、身体からも若干離してはみたのですけれども、
なにせ寒いわけですから限度があるんですよねーー。
どうしたものか…。

コタツを置いてありますのは居間でして、こことは別室なのですよ。
冬に限ってはそこにパソ置いてネットとかしたいんですけれども、
なにせ僕はノーパソを所持しておりませんでですね。
買うべかねぇ~、お金あんま無いですけども(苦笑

でも買ったとして、冬季意外にはさほど使うものなのかなと。
現状PCは一つのみで間に合っておりますし、
職柄出先でPCを使う機会は多いのですが、
出先は出先でまた別のPCが必ずあるので困る事はあまりないですし、手持ちの外付HDDさえ壊れなければデータの持ち運びも容易ですし。
ノーパソ買うくらいならばメインPCのCPUをC2Dあたりに変えて、電源容量増やしてメモリも倍に増やしてHDD増設して…とかやった方が利口な気もしてきましたよ。
でも逆に云えばノーパソは別にさほどのスペックが伴わなくてもOKという事でもありますんで、
中古とかで妥協するというのもテですよね。
あでも僕マック欲しいんですよ(笑)何を隠そう僕は元マカーですんで愛着は今尚ありますし。

そいえばうち20Aなんですが明らかに足りてないんですよね~。
パソ含む機材群全てONで、あとハロゲン強でもうカツカツ、
この状態で電子レンジとか使ったら間違いなく飛びますもん。

というかそれ以前に僕はボーカルマイクが欲しいのです。
あれこれと迷った末AKGのC414B系列あたりかなとは思っておるのですけれども、
傍らで実はAUDIX製コンデンサがすっごく気になっておったりもします。
これについてはネットでのレビュー記事も見当たらず、実際に置いてある店も(近間)には無く。
博打とまでは至りませんでしょうが、しかし買う以前に良し悪しの判別が付かないというのは厳しいトコロではありますねぇ。
でもAUDIXが良しとなれば明らかにそっちに流れそうです、ダイナミックですがOMシリーズは大好きですし、バンド時代にずーっと使ってたので愛着もありますし。

うーむ、なんだかまた物欲が湧き出してきましたよ。
失敗しない様、慎重に検討しないとですよね~。


追記、RME製fireface800 VS MOTU製896。
好みの問題でしょうが896の方が(出音が)若干太いとの事。
まとはいえMOTU製IFは環境を選びますし、
winでキューベやヌエをホストに動かす場合はRMEの方がベターかもですね。
…って何故こんな話になったんだ?

以上、長&乱文恐縮!白熊でありましたーー。

こんな一日

昨日日曜は友と共に(駄洒落)服を買いに行ったのでした。
しかしなかなか良いものが見付からず、
「まーお金もったいないしな!」と結局何も買わずじまい。
学生時代の同期である店員と数分立ち話。
「もうかってるん?」「ぼちぼち」まさに定型文会話。

島村楽器にも行って参りました、相変わらずの原価っぷり。
買ったのはドラムスティック(パーカス用に)2本、
及びジムダンのピック。

カフェに立ち寄ります。
友人が元彼女の存在を発見したらしく「やべ気まずいんだけど!」と。
そんなまずい別れ方したんでしょうかねぇ~。
別れて以後も良い関係を保てる様な付き合いがベストだと思うのですが、
まあ別れるに当たっては諸事情ありましょうし難しかったのかもですね。
なんて考えておりましたらば当人から「浮気別れだった」と教えられましたですよ。
「どっちが?」「向こうが」「ふられたんだ?」「一方的にね」ああそりゃきまずいわな(笑

帰り道、一人PCショップへ。
長い事使ってたロジのマウスがそろそろガタついて来てるので代用品をと思い、MS製コードレスマウスを購入。ちゃんと使えるかな?

帰宅、PC立ち上げマウスをインストール。
左右への動作に若干違和感、実は僕左利きなのですよ。
世に出回ってるマウスのうち殆どは右手用に作られているのでちょっとこの辺り悩みの種だったりします。
まあ使ってりゃ慣れるだろうと数時間仕事、しかしなかなか慣れません(笑

夜、白熊でのコラボのお相手さんとメッセ、FFの話で盛り上がります。
「12はイマイチかも、10は良作」とこんな感じ。
ちなみにこの方と僕は互いにワンピースファンで御座います、
ワンピ44巻は本日発売!

若干フライングで先程コンビニに。
44巻あるかなぁと探しましたがまだ入れてくれて無い様子、けちですねぇー。
仕方ないのでレモンウォーター1ℓボトルと肉まん買って帰って参りました。
夜が明けたらまた行ってやる!

これら経てまた仕事をと思いPCに向かいつつ、
当ブログへと若干の寄り道をしておりますのがまさに今。
あーどんどん寝る時間が遅くなってゆく…。

さむくね!

まじさむいんだけど!
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
RSSフィード
最近の記事
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。