スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D7000/Nikon インプレ

20111104-20111104-_D7T1997.jpg
以前壊れたD200は結局今に至り修理せず、その間α55を暫く使っていたのですがやはりニコン機が欲しいなあとは常々と考えており。D300Sの値段も新品中古共にこなれてきた昨今、それにしようかなあと思いつつ店頭にて再度D7000に触れてみたところ、以前イマイチかなと思えたシャッターボタンの柔らかさやボディのホールド感が(α55に慣れた為か)殆ど気にならなくなっており、それならばと先日D7000を購入した次第。
巷では既にD4、D400、或いはD800等次世代機について色々と噂されている中、時期遅れながらにもD7000の作例及びインプレをば。

■ボディサイズ、形状、操作感について

同社のD3ケタ台機種と比較すると一回り小さい本機、サイズ及び重量からすればD2ケタ台機種とほぼ同等になります。グリップは細く縦長になっており、それゆえかパッと見はかなりスマート。実際ホールドしてみるとこのグリップの形状は少し心もとない(危なっかしい)感じがしたりもするのですが、とはいえこれだけの機種をこのサイズで持ち歩けるというというのは嬉しいですね。

旧機種に対し操作感やボタンのレイアウトには若干の変更があり、D200なんかに慣れていると「あれはどこだ…」と戸惑うことも(使い始めでは)しばしば。特にAFモードの切り替えなんかは、取説に目を通さずにいる僕には最初どこにあるのか全く判りませんでした(AF/MF切り替えレバー部にボタンがついており、そこを押し込みながらダイヤルで切り替えます)。ところが慣れてくるとむしろこちらの方がストレスが少なく、よく吟味された上での変更だったのだなと納得。

AE-Lボタンが少々奥まった部位に付いている様な気がするのですが、ボディサイズとの兼ね合いかこれが押し難く、撮影時にはいまだ探ってしまいます。僕はこれを常時使うのでFnボタンやプレビューボタンへの割り当て変更も考えましたが、そっちはそっちで使う(プレビューボタンはプレビューに、Fnボタンはファインダ内水準器に割り当てています)のでやはりこれは慣らすしかないですね。


■機能について

jpeg出し画像のフィルタ機能やボディ内RAW現像機能、それにフルHD対応の動画撮影機能等、カタログスペック上の売りになる機能は一通り網羅されています。前述のフィルタ機能に関し僕はRAW出しメインなのであまり触る事はありませんが、ボディ内でRAW現像が出来るというのはちょっとその場で書き出して…という時に便利そう。当機能上ではRAW現像のセオリーに則りWB、色、或いはコントラスト、Dライティング(暗部補正)、ノイズ低減等の調整が事前に行えます。書き出しに際した画像サイズをもっと細かく弄れれば…なんて思うのですが贅沢というものでしょうか。

撮影上メインで使う機能は従来通りですが、各項目毎に細かく設定が出来るのはクラス問わずニコン機のいいところですよね(αはかなり大雑把でした)。レンズ毎のAF微調整は特にサードパーティ製のレンズを用いる際に役に立ちますし、ISOオート設定時、ステップアップをシャッタースピードで制御出来るのもやはり助かります。その他撮影上あると嬉しい機能にほぼ抜かりはないのですが、諸々細かく設定出来る分使い始めには多少の手間がかかります。

AFの追従性はまあニコンなりというところで、遅からず早からずですが旧機種と比較すれば迷いは少なくなった気がします。AF-Cでは被写体から大きくピントが外れないと合わせ直しにいかないので、ちょこちょこ動く動体を追うには少々辛いところ。まあその辺りはクラスがクラスですし仕方ない気もします。あとライブビュー時のコントラストAFはやはりのっそりとしており、ここが速かったαとはなんというか比べものにならないというか、まあニコン機の主たる欠点ですよね。それでも前に比べれば幾分とマシになってきたのかなあ。

サードパーティ製のレンズでピンを大はずしするという記述を見ます。言われてみると確かに…。前述の通りレンズ毎のAF微調整機能がついているのですが、これ必須ですね。うちの場合TOKINAの35mmマクロで随分と後ピンなので、設定上-15程戻しています。あとはまあ大丈夫かなあ。

連射速度は6コマ/秒。α55は10コマ/秒という驚異的な速度が売りだったんですが、そこまで必要な局面というのが一般的にはさほどあるわけでもなく、D7000でも普通に動体を追う分には必要十分だと感じました。ただ連射時のバッファ落ちが少し早いかも?何も考えずシャッター押しっぱでカシャカシャカシャ…というわけにはいかなそうです。

ところでネットのインプレではSandisk製のSDHCカード使用時に不具合があるという記述を散見しますが、これうちでもなります。エラーが出て読み取れなくなっちゃうんですよ。メディアを抜き差しすると直るんですが、結構頻繁に起こるエラーなのでちょっと困ってしまいます。サブスロットに入れているKINGMAXのメディアは問題ないので、時代錯誤な言葉ですが相性問題というヤツでしょうか。ファームウェアでなんとかならないのかしら。

■画質について

前述の通り僕はjpeg撮って出しを殆どやらないのでRAWに対するインプレになります。
暗部に階調を残してくれるんだなあ、というのが最初の印象。後処理で持ち上げなければならないケースってやはりありますから、これってすごく嬉しい事です。α55では多少破綻してしまう事があり、ナノの『星ノ唄』のジャケ写を弄ってる時すごい悩ましかったんですよ…。
ちなみにこれ↓
20110409-DSC00042_ok.jpg
それが無くなると考えただけでも十分に価値ありと思えます。

また特に赤色についてRGBでは破綻してしまいがちですが、D7000は割と粘れます。というかこれらに限らず全体的に階調豊かなのではないでしょうか。APS-C機でもこれだけ粘れるものなんだなと感心。

よく言われる細部の眠さ(シャープネスのなさ)ですが、RAWで見ている限りは全く感じません。むしろよく解像してくれるものだと感じることが多いのですが、発売されたからもう随分経つので、その間のファームウェアUPで幾分か改善されているのかもしれないですね。

高感度撮影時のノイズや階調ですが、ざっくりこんな感じになります。
D7000_High_ISO.jpg
私的にはISO3200までが常用域かなあと。


とまあそんなかんじ!なんかやっぱ時代の進歩ってすごいもんだなと思わせてくれる一台です。
以下作例をいくつか。

TOKINA AT-X M35 PRO DX 35mm F2.8 使用
20111031-20111031-_D7T0244.jpg
20111101-20111101-_D7T0341.jpg
20111103-20111103-_D7T1795.jpg

TOKINA AT-X 124 PRO DX II 12-24mm F4 使用
20111101-20111101-_D7T0535.jpg
20111101-20111101-_D7T0608.jpg
20111104-20111104-_D7T2217.jpg

NIKON Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D 使用
20111104-20111104-_D7T2135.jpg
20111104-20111104-_D7T2080.jpg
20111104-20111104-_D7T2109.jpg

これらとその他の大きな写真はこちらに上げてます。
Picasaギャラリー

んではまた!
スポンサーサイト

これは遊べるよ!『SONY α55』

DSC00084.jpg

なんとα55を購入してしまいました。経緯ですが、

D7000を店頭で触る
    ↓
あれ、なんかしっくりこないな
    ↓
じゃあとりあえずD3100かな
    ↓
どこも在庫置いてない、しかもUSBケーブル非付属とか色々ケチくさい
    ↓
某店にてふと横を見る、α55のダブルズームが
D3100のそれと同価格である事に気付く
    ↓
これ在庫ありますか!?

…という。勢いというのは怖いものです。
という事で本日は不慣れな作例とファーストインプレッションをば。
枚数多めになりますので以降は追記欄にて!

続きを読む

作業が全然はかどらないので善光寺にいってきた

全くタイトル通りの理由で、昼間ぶらりと長野の善光寺へ。
おいそりゃどんなお寺だよという事でいちおwikiへのリンクをば

ついでに最近使っていなかったMFの50mm単焦点を用い、
本堂やらその近辺の街並をカシャカシャとスナップ。
場所的には、
1.jpg
地図最下部にあるのは新幹線もそこそこにはとまるのかもしれないJR長野駅でして、
そこから上部の善光寺に至るこの間は所謂長野市街というヤツで、
長野基準で云えば発展しているともされるわけなんですがその実、
都内郊外の発展度に及ぶかな?いややっぱ及ばないよな程度の実力。

地図上「南千歳公園」から、左側のルートを経て善光寺で折り返し、
右側のルートで戻って来る、という素朴な散歩。

これじゃ細かくて判り辛いよという方の為に、
もう若干大雑把な地図も用意しました。
2.jpg
つまりこういうことですね!


例によって写真をば。
今回は枚数多いですがご容赦!

YTD_0182.jpg
南千歳公園。愛称は「ぽっぽ公園」。
特になんてことはない小さな公園ですが、とても愛され親しまれています。他に公園がないので!w

YTD_0026.jpg
その近辺。なんとなく味のある一枚かなと。

YTD_0033.jpg
一直線に善光寺へと向かう、「中央通り」に至る小道にて。カレー屋「山小屋」さんです。
市内及びその近郊に、「納豆カレー」の存在を広めたお店(多分)。勿論それ以外にもメニューは豊富にあり、どれも美味しいです。尚且つ、例えば仕事休みなどにここでカレーを食べると十中八九匂いでバレます。

YTD_0042.jpg
中央通り沿いのショッピングビル「again」。コムサの看板が目立ちますが、それ以外のテナントはどちらかというとセレクトショップが多め。あとダイソーと、あとそうだ、最上階にはライブハウスがあります。
放課後の学生さんやカップルが、暇を持て余した果てに辿り着く場所のひとつが云わばここ。地方の市街って必ずそういう場所ありますでしょ!w

YTD_0064.jpg
そして一路善光寺へ。この辺はいつの季節も綺麗にデコレーションされています。イベント時なんかは特に。

YTD_0081.jpg
間もなく「善光寺表参道」と呼ばれる一画へ。大きなお寺の近郊というだけあり、それっぽい観光娯楽施設が幾つか。これは「北野文芸座」、能や歌舞伎を観る事が出来ます。

YTD_0083.jpg
更に進むと、雰囲気的にもよりそれらしく。そして電話ボックスが健在。

YTD_0098.jpg
この辺りの建物は、新設でもとにかく蔵づくり的な感じにしようという暗黙の了解的なものがあるのかもしれません。ちなみにこれは郵便局。この他、信用金庫や地方銀行等の建物もしっかりとそれっぽく造られており、これらに対し現地民は愛着を込め、「わざとらしいよね」という突っ込みを飛ばします。

YTD_0091.jpg
「ぱてぃお大門」。これも一種の娯楽施設です。軽食店等を集め、塀で囲っています。当然中のお店も全て蔵づくり。今日は独りにつき用事もないのですが、

YTD_0092.jpg
とりあえず覗くだけ覗いてみました。平日ではあるにせよ、なんかやっぱちょっとここ廃れてきちゃってるかもしれません…お豆腐オンリーのカフェですとかなかなか魅力的なお店も入っているのですが。やはりここはラーメンでしょうか、強力なラーメン店を誘致すべきでしょう。

YTD_0100_20100529010720.jpg
そしていよいよ善光寺へ。先ず最初の門が見えます。風情がありますね…なんか工事してるトラックが少し残念な気もしますが、しかしこういう場所の維持っていうのも大変なんでしょうね。

YTD_0114.jpg
次いで「仁王門」です。写真では影で見えませんが、この門の左手に阿形、右手に吽形のお仁王様が立っています。左右一対で始まりと終わり、或いは陰陽を現すといいます。表情といい、肉付きといい素晴らしい彫刻なのですが、今日はレンズの縛りがあったので撮りませんでした。

YTD_0125.jpg
先には次の「山門」が見えますが、この間には写真の通りお店が多く立ち並びます。土産店、軽食店、それに酒屋等。

YTD_0128.jpg
余談ですが長野名物の食品「おやき」、この一画でも勢いよく売っています。こういった地方独特の食品は2種に大別出来ると考えます。主には観光客をターゲットに維持生産され現地民は普段あまり口にしないものか、或いは逆に観光客からの知名度問わず現地民に長く親しまれるものか。おやきは云わば後者で、長野出身、取り分け北信出身の方の多くはこのおやきに馴染みを持っています。ただ地方やお店によって有り方は若干異なり、「あれ派」「これ派」と意見が別れるところ。

YTD_0139.jpg
山門を経て本堂へ。

YTD_0141_20100601015359.jpg
そして本堂。644年に創建され、以来幾度となく焼失の憂き目をみるも1707年の最後の再建以降、長くかつ無事にこのの形を保っているとの事。長寿さんですな~

YTD_0157.jpg
煙を浴びたところがよくなる…というやつですな。

YTD_0161.jpg
六地蔵。実は山門よりも手前にあります。地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天ので六地蔵。人々を救うための六人衆でして、云わばなんとかレンジャー的な感じですかねい。ちなみに一番手前のお地蔵さん、ちゃんとあぐらかいてないのわかります?これって有事の際にすぐ人を助けにいく為だとかで。切り込み隊長ですな。

YTD_0147.jpg
本堂周辺には茶屋もあります。こういうとこで甘酒飲んだりするのって結構おいしいのよ!

YTD_0152.jpg
「鐘楼」。長野市における除夜の鐘の主人公。あと長野オリンピックの開会を告げた鐘でもあります。ゴォーーーン。

YTD_0148.jpg
ごくろうさまです!w さてうちもかえろっと。

YTD_0166.jpg
帰りは前述の地図のルートを通り、「権堂」という街のアーケードへ。ここも微妙に廃れてたりしますが、まあその辺りがいかにも長野っぽくて心地良かったりもするんです!

YTD_0167.jpg
そんなアーケード中、カラオケ屋を発見。前ここはゲーセンだったんですが、確かにあの敷地を丸々とカバー出来るテナントって限られますものね。しかしこの「まねきねこ」、チェーンかと思いつつ見たことがない…と思ったらなるほど、都内には3店舗しかない様子。地方中心に展開しているのでしょうか。

YTD_0176.jpg
帰り途中、野良猫発見!びじんさんだねぇ~(けいおんの唯ちゃん風)

YTD_0179.jpg
常にカメラ目線。モデル気質だなあw

YTD_0016.jpg
そしてラストにはやはり「らーめんなう!」これはラーメン店「将人」の『白湯(ばいたん)らーめん』。ここのラーメンは通常のそれとは異なる独自のまろやかさがウリなのですが、この白湯らーめんはまさにそれを突き詰めた感じの一杯。媚びのない、しかし口当たりの優しい、昨今県内で顕著なラーメンブームからは少し距離を取る、若いながらにも職人気質なマスターの人柄がとてもよく出ています。おいしかったですぜい!

以上!
全てD200+Ai AF Nikkor 50mm f/1.4Dにて。

季節のモノ

ちょっと時期遅れながらにも、少しの時間使って撮ってきました。
一部季節柄でないものも混在してますけどもねい。
本当はちゃんと撮りにいけたらよかったんですが、なかなかこの時期は時間が…w

YTD_9828.jpg
YTD_9802.jpg
YTD_9811.jpg
YTD_9819.jpg
YTD_9820.jpg
YTD_9912_1.jpg
YTD_9923_1.jpg

いじょー、全てD200+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II にて。
天気が悪かったので思い切ってハイキー気味。

虹色ジェットの試聴音源が虹色に並んだ

オーディオトラック10個ばって作ったら設定上こうなりました。
ぱっとみ綺麗!

YTD_9798.jpg
RSSフィード
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。